はんずーいん
のんびりと今日の出来事を書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
289号沿いのお寺
DSC_8278.jpg
小さなお堂が八乙女の集落の真ん中にある八乙女堂。角には4つの石仏があり集落をやさしく見守ります。
DSC_8281.jpg
成法寺は和洋と唐洋を織り交ぜた観音堂(1500年代建築?)茅葺の屋根と雪囲いの柱がこの地独特の姿。
後ろの山もまた味がありますね~ちょっとした渓谷風の荒々しい岩肌は仏様に見立ててるのかどうなのか?
DSC_8285.jpg
南泉寺は、参道の両脇にイチイが連なる。さらに奥には大きな枝垂れ桜。庭が素敵なお寺でありました。
DSC_8293.jpg
常楽院は1573年に建立。寺の入り口に3つのお堂がありキリシタンにゆかりのある観音様が安置されています。
ここも色々な花が楽しめる綺麗な庭があるお寺であります。
DSC_8290.jpg
子安観音はもともと野ざらしにあったものをこの寺にうつされたそうな。台座から1807年のものとみられるが、本体の
石と違うことから石仏はさらに古いものと考えられる。この地の安産祈願に作られて、いつの日か頭に十字架があることから
マリア観音と呼ばれるようになりました。
DSC_8292.jpg
ひめさゆりとご対面。お寺の庭で見られるなんて・・うらやましい。

行程 名取IC~会津坂下IC~252号~会津川口駅~横田~352号~鮭立磨崖仏~352~横田~252号~
    大塩・自然炭酸水~蒲生~蒲生岳~只見湖~只見駅~289号~八乙女堂~成法寺~きらら289~
    ~南泉寺~常楽院~会津田島駅~121号~23号~72号~新鶴ETC~磐梯河東IC~7号~115号
    道の駅つちゆ~福島西IC~長町IC~名取      620km
スポンサーサイト
南会津ぐるり
梅雨の前に最後のお出かけと思ったら、東北南部の梅雨入りは来週後半になるらしい。
DSC_8216.jpg
早朝の会津地方は初夏お馴染みの霧に包まれた風景を拝める。この後は決まって晴天になるのです。まずは定番
金山町の大志集落を望む展望台に。いい感じで天空の集落が出現。
DSC_8238.jpg
塩沢地区では、国道を外れて只見川対岸に。手前の三角の山は、会津のマッターホルンの別名を持つ蒲生岳。
ダムの多い只見川では、流れが少ない分このような絶景を拝めることが出来ました。まだ、名残りの霧が・・
DSC_8247.jpg
只見で列車を撮る前に時間があったので田子倉ダムの手前まで来ました。ここからの猿倉山も絶景です。
IMGP1493.jpg
お昼は道の駅289で、シンプルなざるそばをただきました。午後からは南会津(田島)を目指す神社仏閣めぐりへ続く。
只見線だより44  只見へ
DSC_8220.jpg
424D 会津川口 6:45
今回、ここは単なる通過点。只見より南会津(田島)を抜けるドライブがてら只見線の時刻に合わせて寄り道しました。
この車両、中のモケットは青でした。おそらく新潟地区からの転属と思われます。車番は控えませんでした・・
DSC_8263.jpg
2422D 只見 9:28
ようやく、只見以西の車両とご対面。新潟色2両編成が折り返しのため停車中。
DSC_8269.jpg
2422D 只見-大白川 9:33
折り返し、15分の停車後に小出に向け出発しました。新緑と残雪の猿倉山とヒゲのDC。

祝!川口-只見間の復旧が決定。早くて3年後・・それまでこの車両たちの運命は・・・
会津寺巡りその弐
DSC_8196.jpg
伊佐須美に行く前に、虚空蔵尊を降りて山手に少し行ったさびしいところには、室町末期の建築(600年前)と言われる
奥之院辨天堂がある。今まで大きな虚空蔵尊のみを見て帰っていたがこんなところにこのような建物があったとは・・
DSC_8194.jpg
建物の向かいには6体の地蔵が鎮座する。ここも6体・・6体には意味があるのかな。少し勉強してからまた出直そう。
DSC_8197.jpg
二人の神様が出会うと言われるのが会津美里町(会津高田)にある伊佐須美神社。縁結びの神様でもあります。
立派な門をくぐると立派な本殿が・・と言いたいところだが、その本殿は近年放火に遭い全焼してしまいました。
ここは神社のほかに、あやめの名所でもあります。残念ながら6月15日からのお祭りで、池のほとりに花はありませんでした。
DSC_8198.jpg
左下り観音にも寄り道。外観は清水寺のような外観を持つ三層の木造建築で、外観は二度ほどブログに載せているので
素朴な観音様を拝んできました。なお、本尊は扉の中で見ることはできません。
IMGP1491.jpg
お昼は少し過ぎてから・・またまた芦ノ牧温泉駅前の牛乳屋食堂でミニラーメン・ソースかつ丼(牛乳付)をいただきます。¥1000
食後はネコ駅長・らぶを拝みに行ったがまたカゴの中でした。いつ外に出るのかな?
今回の寺巡りはここでおしまい。道の駅に寄り道して帰りました。

行程 名取~仙台~仙台南IC~磐梯河東IC~塩川~喜多方・熱塩~願成寺(会津大仏)~竹屋観音寺
    ~新宮熊野神社(長床)~柳津町・福満虚空蔵尊・圓蔵寺~奥之院辨天堂~会津美里町・伊佐須美神社
    ~左下り観音堂~牛乳屋食堂~芦ノ牧温泉駅~道の駅ばんだい~猪苗代IC~長町IC~仙台~名取
                                                                    480km
会津大仏?会津寺巡りその壱
夏の旅第一弾は恒例の会津。秋に続き神社仏閣を巡るのだが、今回は頼もしい助っ人、歴史好きの後輩がお供。
DSC_8163.jpg
喜多方市のはずれ、熱塩地区の願成寺が最初の訪問先。均等のとれた兜をかぶったような深い屋根の本殿。
ここをお参りしていると、「大仏はあっちにあるから」とおばちゃんに言われた。これから探そうと思っていたところで
タイミングが良かった。ここから味わいのある庭園と池のほとりを行くと敷地の奥に真新しい大仏殿があった。
DSC_8167.jpg
木像阿弥陀如来坐像と両脇侍坐像は黄金に輝いていた。この阿弥陀如来が高さ2・64mの会津大仏と呼ばれている。
そういえば、早朝より参拝料を徴収するわけでもなく好きな時に見に行けるというのは何とも贅沢。
DSC_8179.jpg
続いては何度となく訪れている新宮熊野神社。境内の中央に長床と呼ばれる吹き抜けの寝殿造りが圧巻です。
長床に上がり、外の鐘をつき、階段を上がった三つの社を拝んだ後初めて宝物殿を見学(料金に入っているもので)
DSC_8183.jpg
薬師如来や如意輪観音など見事な仏像が収められている中ひときわ目立つのが木造文珠菩薩騎士像である。
文珠菩薩は学問の神様。受験生や子供は、この獅子像の下をくぐるとご利益があるとか・・いやいやもったいないもったいない。
DSC_8186.jpg
後輩の希望で柳津の福満虚空蔵尊・圓蔵寺を参拝。ここも何度となく訪れていたので今回は宮大工の極み、彫刻を眺めて
見た。昔の職人さんはすごいね・・
DSC_8189.jpg
この時代の象は想像で作られたのでしょうね。象というよりは、神様の使いの動物?といったところ。どことなくお洒落。

明日は伊佐須美神社~午後に訪れたお寺について
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.