はんずーいん
のんびりと今日の出来事を書いています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
世界遺産をのんびりと
DSC_5669.jpg
後輩に誘われて平泉を訪れたのは小雨降る平日のこと。朝、早い時間のためか訪れる人もまばら。
参道の中ほどから中尊寺の境内にはいり、ぐるりと回ってから金色堂を参拝した。写真が撮れないのは残念だが
昭和37年に建てられた覆堂(金色堂を守るお堂)の中に、金色に輝く多くの仏像が、藤原家代々の御霊を見守る。
DSC_5668.jpg
金色堂以外にも多くの小さなお堂が立ち並び、それぞれの阿弥陀如来などの仏像が祀られていて、好きなだけ
拝むことが出来るのである。私は、写真を撮りつつもその美しさにしばし見とれてしまいました。
DSC_5675.jpg
毛越寺は中尊寺から5分ほどで移動できる。ここは、発掘された池が敷地の大半を示し、のんびりと池の周り
の散歩を楽しめる。今は萩が見頃だが、あと一月もすると紅葉が真っ赤になるだろう。その頃また訪れたい。
DSC_5685.jpg
お昼は、前沢まで北上し前沢牛で舌鼓。高速代といいながら後輩よりステーキをごちそうになりました。
DSC_5692.jpg
再び、毛越寺の前を通って達谷窟毘沙門堂へ。平泉最古の寺院で、霊場、パワースポット。中尊寺から少し離れた
道沿いにひっそりとたたずむ。建物の左上には磨崖仏が彫られていてここ一帯をやさしく見守っていた。
DSC_5696.jpg
自然の美といえば、ここからわずかの所にある厳美渓。磐井川沿いの渓谷だが、ここは思ったほど山の中にあらず。
ここ一帯数キロほどゴロゴロとした岩場が連なる。近づいてみるとその荒々しさに圧倒される。
DSC_5702.jpg
最後は、骨寺村(現在は一関)に立ち寄る。何の変哲もない農村の風景だがここがすごい。なんとおよそ800年前から
地形がほとんど変わっていない。骨寺はかつて、骨を埋葬した寺があった所。同時に荘園とよばれる平泉へ年貢を
収めていた稲作地帯。当時と変わらぬ風景はここと大分県の二か所のみとか・・ここは世界遺産地域から外れているが
この風景をいつまでも大切に保存してもらいたい。・・この後、たまたま出てきたタヌキがこっちをジーツと見てました。
いや~のんびりしました。

行程 23日 仙台(東北道)一関~平泉~中尊寺~毛越寺~前沢肉のオガタ~達谷窟毘沙門堂~厳美渓
         ~骨寺村~骨寺村荘園交流館~一関~4号~築館(東北・三陸道)今泉~名取
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.