はんずーいん
のんびりと今日の出来事を書いています。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
会津霊場めぐり
会津地方には、寺・神社が奈良、京都、鎌倉に次いで多いとか?どおりで只見線の撮影に訪れると道のあちこちに
大小の祠が目に飛び込んでくる。もともと神社仏閣には興味があるので時間が許される限り回ってみることにした。
もし、これらの場所に興味がある方は名前からおのおの各ホームページ等で調べてください。なにしろ好きではあるが
詳細を調べるのが面倒で・・私のお寺巡りは癒しと落ちつける空間・・ということで。
DSC_7518.jpg
紅葉の最後、樹齢800年以上という神木と大きな長床がすばらしい、新宮熊野神社からスタートします。ここは、たびたび
訪れていましたが、落葉し黄色いじゅうたんとなって境内を鮮やかに彩るこの時期がベストですね。この神社の本殿は
長床の裏から階段を登ってお参りするのですが、訪れる人たちはこの黄色に染まる空間に圧倒されてお参りを忘れる
ほどです。
DSC_7537.jpg
上宇内薬師如来は会津十二薬師の一つ。薬師は病気の神様で、おそらく疫病などが流行った地域でもあったのでしょう
十二の薬師は会津若松を囲むように建っている。本殿の左に五つのお地蔵様が訪れる人を温かく見守る。
DSC_7551.jpg
立木観音は、木造の十一面観音を拝める会津ころり三観音。本殿の観音様は拝むだけで写真はダメ。もちろん
多くの阿弥陀如来や観音様は撮影厳禁であるが、手前にある阿弥陀如来像を拝みつつカメラに収める。
DSC_7572.jpg
少し横にそれて、柳津町の福満虚空蔵尊に立ち寄り。ここは、日本三大虚空蔵尊である。お浄め場にある
不動明王を眺めて、本堂の多くの仏像と絵を眺め、堂の外に出て柳津の町を眺望するのであった。
DSC_7582.jpg
中田観音は、会津ころり三観音の一つ。さっそく二つのころりを訪問したが、別にすぐころりを望んでいるわけでもなく
線香を手向けてお参りをしてすぐに引き上げました。小さい本堂にツアー客がいっぱいでした。
DSC_7592.jpg
少々山登りをする左下り観音堂を眺め、お昼を食べてから高倉観音に寄り道。小高い丘の上に祠があり190段を
上がってお参りするのだが、本堂が修理中で足場が組まれていました。また綺麗な時に訪れます。
今回はこれまで。会津は広い・・果てしない霊場めぐりは始まったばかりである・・それにしても癒される・・

訪問霊場   新宮熊野神社  喜多方市
         上宇内薬師如来 会津坂下町
         八坂神社     会津坂下町
         立木観音     会津坂下町
         福満虚空蔵尊  会津柳津町
         中田観音     会津美里町
         左下り観音堂  会津美里町
         高倉観音     会津美里町








スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.